仲間を知る

宜志富 雅弘
  • 職種:土木部
  • 入社:平成3年
インタビュー

現在の仕事内容を教えてください。また仕事の面白み、楽しさ、やりがいを教えてください。

設計図書の照査、現場管理での資材調達や協力業者が施工した箇所の確認管理及び書類作成をひとつひとつやりこなしていくことで日々やりがいを感じています。また、働く仲間みんなで工事完成に向けて全集中し、完成したときの達成感がやりがいでもあり楽しみの一つです。

入社のきっかけ、動機を教えてください。

中学生の頃、普段利用している道路や水道などの工事現場をみて興味を持ち、工事に関係する仕事に就きたく高校は土木科に進学しました。
丸元建設は県内での知名度や完工高がトップクラスであったことに魅力を感じ入社しました。

宜志富さんから見た丸元建設の魅力はなんですか?

ベテランの先輩方から教わることもたくさんありますが、ICT等の最新技術は若手を中心に担当するなど、ベテランも若手もそれぞれの個性を活かし、お互いの得意不得意をフォローしながら工事完成に向けて協力し合えるところが魅力だと思います。
また、以前重病になり入院を余儀なくされたことがあったのですが、復帰後の働き方にも配慮があり、安心して働き続けることができました。

これからの目標を教えてください。

昨今、土木業界はICT施工が主流になっていきます。それに対応できるように日々勉強し、これからも良い構造物を手掛け社会に貢献していきたいと思います。

ある1日のスケジュール
7:30
出勤(現場事務所)
まずは朝礼前にメールのチェックとスケジュールの確認
8:00
朝礼
朝のラジオ体操、作業前作業内容及び安全確認
9:00
現場管理
構造物等の出来形計測
10:30
事務所内業
次工程の書類作成(立会・出来形・品質・詳細図等)
12:00
昼食休憩
13:00
安全工程打合せ
元請職員、協力会社職長参加による日々の打合せ
14:00
週間工程会議出席
発注者及び受注者による会議
15:30
事務所内業
16:30
現場管理
現場巡回、翌日の段取り
18:00
事務所内業
データー整理、翌日以降の確認
19:00
帰宅
安全運転励行!
先輩からのメッセージ

私は高校卒業後すぐに入社し、現場では色々な不安や失敗などありましたが、上司や先輩に助けてもらいながら勉強し成長させていただきました。入社して二十数年になりますが長く勤続してきたのは社内環境が良かったからだと実感しています。