• 公共工事(土木)

宜野湾浄化センター反応タンク築造工事(2工区)

 

本工事は、宜野湾市の伊佐浜地区に位置する宜野湾浄化センター内において第3系第3列目処理施設、反応タンクの躯体を築造する工事です。

工事に至る背景としては、中部流域下水道(供用市町村:浦添市・宜野湾市・沖縄市・北谷町・嘉手納町・北中城村・読谷村)における汚水量の増加や施設の老朽化に対応する為に新たに施設を増やす工事が必要となりました。

上記の現状を受け今回、沖縄県下水道建設事業へ貢献すべく受注致しました。

工事期間は、平成30年9月28日から令和2年3月6日の間、約1年半に渡りました。

着手前現況としては、別途施工の基礎杭工事が済み海面下3.5m位置で施工基面が露出しており、そこへ雨水と周辺海域からの流入水により滞水した状態でした。それは当工区のみならず同時施工する連結他4工区も同様な状態からのスタートでした。

滞水排水にあたり大型沈砂池の整備や大型排水ポンプの複数設置を経て排水作業に1ヵ月間要しました。

又、既設稼働中の施設へ併設施工となる為、片側からの作業半径を要する為にクレーン車の大型化や沿岸部に位置する為、鉄筋の防錆処理、埋戻しの効率化を図るべく機械式継手や不整地運搬車の使用など創意工夫を重ねながら施工しました。

中でも特に躯体コンクリート打設においては、底版から床版までの各段階において最大810m3を大型ポンプ車3台同時使用にて8~10時間かけての連続打設時が最も気をつかいました。

しかもこれら全ての作業が連結する他工区との同時施工となるので、連絡調整に苦労しました。

周辺住宅地域とは隣接しておりませんが、地域交流と防災意識向上の為に地区自治会主催の津波避難訓練への参加等、積極的に行いました。

最後に地元の方や関係各社の御協力を得て、無事故での竣工・引き渡しができ感謝致します。

 

 

施工担当:N

所在地沖縄県 宜野湾市 伊佐地内
発注沖縄県土木建築部
設計(株)日水コン・(株)日興建設コンサルタント共同企業体
施工(株)丸元建設・(株)大興建設 特定建設工事共同企業体
実績一覧に戻る